フードロス支援・訳あり食品通販とサンプリングサイトの豆知識

様々なフードロス支援について考えよう

訳あり食品通販で売られているものとは

フードロスとは、日本においては「食品廃棄物」のこととして扱われています。
しかし食品廃棄物とは、「食べることの出来ないものも全て含めて考えること」になり、フードロスとは「食べることが出来るものを捨てざるを得ない」という意味で、海外では捉えられています。
さらに言えば、海外においてフードロスとは、消費者に届けられるまでの時点で処分されるもの、例えば規格外食材や賞味期限切れの食材のことを指しており、食べ残しや家庭で出る食品廃棄物のことは指していません。
しかし日本では、それら全てを含めて「フードロス」と考えられているので、ここではそういう意味で説明していきたいと思います。
フードロスにも、レストランや食品工場などで出る「事業系フードロス」と家庭で出る「家庭系フードロス」の二種類あります。
日本においては、年間612万トンのフードロスが出ているそうですが、これは国民一人あたり毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じことになります。
お茶碗一杯分くらいならそんなに大したことないのではないか、と思われる方もいるかもしれません。しかし、フードロスが増えるということは、それだけゴミも多く出るということになり、環境問題でもあると言えます。
さらに、一日満足にご飯も食べられない人が数多くいる中、そのようなことがあるのは決して見過ごせる問題ではないのです。
日本では今、そのようなフードロスを無くすために様々な支援や対策がなされています。私達一人一人がそういったものを利用することにより、環境汚染を防ぎ、恵まれない人達を救うことになるのではないでしょうか。

TOPへ戻る